NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

VMware vMotion による移行のための要件

vMotion とは、仮想環境化において、パワーオン状態の仮想マシンを新しいホスト上へ移行する機能です。具体的には、ホスト上で展開するメモリ(プロセス)の 情報を、別のホスト上へ移行します。vMotion は次の目的で使用します。

  • ハードウェアの全体的な使用効率を向上する。
  • ハードウェアの計画的なダウンタイム中も継続して仮想マシンを操作する。
  • vSphere DRS(Distributed Resource Scheduler)によって、仮想マシンの負荷を調整する。

VMware 社のサイトには、「ダウンタイムなしでライブマイグレーションを実行」とありますが、実際には、メモリへの Read/Write を禁止(静止点をとる)ため、数秒間のダウンタイムが発生します。
f:id:FriendsNow:20120129225346g:plain:w300

この vMotion を実行する際に必要な要件は以下のとおりです。

  • 仮想マシン要件
    • 内部 vSwitch(アップリンクアダプタがない vSwitch)に接続されていないこと。
    • ローカルイメージがマウントされた仮想デバイス(CD-ROM 等)に接続されてないなこと。
    • CPU アフィニティが構成されていないこと。
    • RDM を使用している場合は、移行先のホストがその RDM にアクセス可能であること。

  • 移行元及び移行先ホストの要件
    • 仮想マシンが使用する全てのストレージを認識していること。
    • ギガビットイーサネット以上のネットワークであること。
      • 1Gbps のネットワークでは、vMotion で最大 4 台を同時に移行可能。
      • 10Gbps のネットワークでは、vMotion で最大 8 台を同時に移行可能。
    • 同じ物理ネットワークにアクセスできること。
    • CPU に互換性があること。
      • 移行元と移行先の両方のホストの CPU 機能セットに互換性があること。
      • 移行元と移行先で、異なる CPU を使用する場合は、EVC または、互換性マスクを使用すること。

   * EVC: Enhanced vMotion Compatibility