NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

BIG-IP LTM VE Trial の基本設定

BIG-IP LTM VE Trial を使用した一般的な設定例を紹介させて頂きます。
BIG-IP LTM VE の概要及びインストール手順についてはこちらをご参照頂けますと幸いです。

検証環境
  • VMware Workstaion
    • VMware Workstation 9.0.1 build-894247
  • BIG-IP LTM VE
    • BIGIP-10.1.0.3341.1084
  • WebServer and Client
    • CentOS release 5.6 for i386

f:id:FriendsNow:20120422214501p:plain:w450

事前準備(インターフェースの追加)

各 LTM VE に HA ハートビート用の仮想インターフェースを追加します。
f:id:FriendsNow:20130123221954p:plain
ここで一つ注意点があります。BIG-IP LTM VE でサポートする仮想インターフェースは e1000 のみとなっています。VMware Workstaion のデフォルトは e1000 ではないため、普通に追加すると"UNINITIALIZED"となります。下記のように vmx ファイルで該当インターフェースのタイプを e1000 に指定する必要があります。

※vmx ファイル抜粋
ethernet3.present = "TRUE"
ethernet3.virtualDev = "e1000" 
ethernet3.vnet = "VMnet6"
ネットワーク基本設定

ネットワークの基本設定を行います。[Next]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222230p:plain

Internal ネットワークのインターフェース及び、アドレス等を設定します。
f:id:FriendsNow:20130123222239p:plain

同様に External インターフェースを定義し[Finished]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222245p:plain

再度、ウィザードで設定したい場合は[Run the Setup Utility]を実行します。
f:id:FriendsNow:20130123222252p:plain

Pools の設定

Local Traffic ペインから Pools : Pool List を選択し[Create]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222319p:plain

Pool Name、Helth Monitors、Method 及び、所属するリアルサーバーを定義します。
f:id:FriendsNow:20130123222327p:plain

Virtual Servers の設定

Virtual Servers : Virtual Server List を選択し[Create]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222344p:plain

Virtual Server Name、アドレス、サービスポート等を設定します。
f:id:FriendsNow:20130123222347p:plain

Configuration から Advanced を選択します。
f:id:FriendsNow:20130123222355p:plain

SNAT Pool で Auto Map を指定します。*1
f:id:FriendsNow:20130123222401p:plain

Default Pool に 作成した Pool を指定し[Finished]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222413p:plain

Nodes の設定

Nodes : Node List から Pool で定義したリアルサーバーをクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222422p:plain

リアルサーバーの死活監視を任意で指定したい場合[Node Specific]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222428p:plain

死活監視方法(本例では icmp)を指定し[Update]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222439p:plain

HA(High Availability)の設定

Templates and Wizards ペインの Device Wizards をクリックし[Next]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222539p:plain

Network Failover を選択し[Next]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222554p:plain

事前準備で追加したインターフェースを選択しアドレスを設定します。*2
f:id:FriendsNow:20130123222604p:plain

Management 及び HA Peer の IP アドレスを追加し[Next]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222614p:plain

内容を確認し[Finished]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222627p:plain

High Availability : Fail-safe : VLANs で[Add]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222636p:plain

フェールオーバーのトリガーとなるインターフェースを選択します。
f:id:FriendsNow:20130123222646p:plain

アクションに Failover を選択します。
f:id:FriendsNow:20130123222653p:plain

内容を確認し[Finished]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222657p:plain

2台目(Standby)の設定

1台目で設定した「ネットワーク」と「HA(Fail-safeを除く)」を設定します。

High Availability : ConfigSync から[Synchronize FROM Peer]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222708p:plain

[OK]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130123222721p:plain

1号機が Active 状態である事を確認します。
f:id:FriendsNow:20130123222735p:plain

同様に2号機が Standby 状態である事を確認します。
f:id:FriendsNow:20130123222744p:plain

Client から Virtual Server アドレスへ通信可能となります。
f:id:FriendsNow:20130123222754p:plain

フェイルオーバーをシミュレートするため、1号機の External を切断します。
f:id:FriendsNow:20130123222805p:plain

約1~2秒間のダウンタイムが発生後、通信が復旧します。
f:id:FriendsNow:20130123223547p:plain

1号機が Standby 状態へ移行している事を確認します。
f:id:FriendsNow:20130123223553p:plain

逆に 2号機は Active 状態となっている事を確認します。
f:id:FriendsNow:20130123223606p:plain

*1:Auto Map を指定すると Virtual Server で受信したパケットの送信元 IP アドレスを Self IP に変換します。

*2:VLAN、IP アドレスを事前に設定するとエラーとなるため注意です。