NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

VMware ESXi Software Initiator 設定ポイント

ソフトウェアイニシエーターを使用する際、ポイントとなる設定を紹介します。

Route の設定

ストレージセグメントが、ESXi と別セグメントにある場合、静的ルートが必要な場合があります。
具体的には、デフォルトルートを Management ポート等、他の vmkernel ポートで設定している場合です。
(vmkernel で指定できる G/W は1つのみで、後から指定した G/W が先に設定したものを上書きします。)

esxcfg-route -l コマンドでルーティングテーブルを確認します。

# esxcfg-route -l
VMkernel Routes:
Network          Netmask          Gateway          Interface
172.16.1.0       255.255.255.0    Local Subnet     vmk1
172.17.1.0       255.255.255.0    Local Subnet     vmk2
default          0.0.0.0          172.17.1.254       vmk0

esxcfg-route -a コマンドでルートを追加します。

# esxcfg-route -a 10.1.1.0 255.255.255.0 172.16.1.254
Adding static route 10.1.1.0 to VMkernel

# esxcfg-route -l
VMkernel Routes:
Network          Netmask          Gateway          Interface
172.16.1.0       255.255.255.0    Local Subnet     vmk1
172.17.1.0       255.255.255.0    Local Subnet     vmk2
10.1.1.0         255.255.255.0    172.16.1.254     vmk1
default          0.0.0.0          172.17.1.254     vmk0
iSCSI Port Binding の設定

マルチパスを構成する際、PortBinding 機能を有効にする必要があります。
ネットワーク構成で、それぞれの vmkernel でアクティブとするアダプタを指定します。
f:id:FriendsNow:20130129192415p:plain
f:id:FriendsNow:20130129192421p:plain

専用の vmkernel ポートを複数作成し、それぞれを vmhba に紐づけます。
デフォルトでは、vmkernel は vmhba にバインドされていません。

# esxcli swiscsi nic list -d vmhba32
Errors:
No nics found for this adapter.

vmk4 と vmk5 を vmhba32 にバインドします。

# esxcli swiscsi nic add -n vmk4 -d vmhba32
# esxcli swiscsi nic add -n vmk5 -d vmhba32

# esxcli swiscsi nic list -d vmhba32
vmk4
    pNic name: vmnic2
    ipv4 address: 4.4.4.4
    ipv4 net mask: 255.255.255.0
    ipv6 addresses:
    mac address: 00:9c:02:3c:4d:50
    mtu: 1500
    toe: false
    tso: true
    tcp checksum: false
    vlan: true
    vlanId: 0
    ports reserved: 63488~65536
    link connected: true
    ethernet speed: 1000
    packets received: 69880
    packets sent: 62
    NIC driver: be2net
    driver version: 4.1.334.0
    firmware version: 4.0.493.0

vmk5
    pNic name: vmnic3
    ipv4 address: 5.5.5.5
    ipv4 net mask: 255.255.255.0
    ipv6 addresses:
    mac address: 00:9c:02:3c:4d:54
    mtu: 1500
    toe: false
    tso: true
    tcp checksum: false
    vlan: true
    vlanId: 0
    ports reserved: 63488~65536
    link connected: true
    ethernet speed: 1000
    packets received: 69823
    packets sent: 13
    NIC driver: be2net
    driver version: 4.1.334.0
    firmware version: 4.0.493.0
MTU 設定

vmkernel が所属する vSwitch と vmknic のそれぞれで設定します。

esxcfg-vswitch -l コマンドで vSwitch の MTU を確認します。※デフォルトの MTU は 1500 です。

# esxcfg-vswitch -l | grep vSwitch4
vSwitch4         128         5          128        1500    vmnic2,vmnic3

esxcfg-vmknic -l コマンドで vmknic の MTU を確認します。※デフォルトの MTU は 1500 です。

# esxcfg-vmknic -l | grep "IP Storage"
vmk4       IP Storage 1        IPv4      4.4.4.4  255.255.255.0   4.4.4.255
vmk5       IP Storage 2        IPv4      5.5.5.5  255.255.255.0   5.5.5.255

esxcfg-vswitch -m コマンドで vSwitch の MTU を変更します。

# esxcfg-vswitch -m 9000 vSwitch4

# esxcfg-vswitch -l | grep vSwitch4
vSwitch4         128         5          128        9000    vmnic2,vmnic3

esxcfg-vmknic -m コマンドで vmknic の MTU を変更します。

# esxcfg-vmknic -m 9000 "IP Storage 1"
# esxcfg-vmknic -m 9000 "IP Storage 2"

# esxcfg-vmknic -l | grep "IP Storage"
vmk4       IP Storage 1        IPv4      4.4.4.4  255.255.255.0   4.4.4.255
vmk5       IP Storage 2        IPv4      5.5.5.5  255.255.255.0   5.5.5.255
Multipath Policy の設定

デフォルトは固定(Fixed)となっているので、Round Robin に変更します。

vSphere PowerCLI で Get-ScsiLun コマンドレットで Multipath Policy を確認します。

C:\> Get-ScsiLun -VmHost 10.10.10.10

CanonicalN ConsoleDeviceName              LunType    CapacityMB MultipathPolicy
ame
---------- -----------------              -------    ---------- ---------------
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           256000 Fixed
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           256000 Fixed
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           102400 Fixed
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           256000 Fixed
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           153600 Fixed

LunType が disk の Multipath Policy を全て Round Robin に変更します。

C:\> Get-ScsiLun -VmHost 10.10.10.10 -LunType disk | Set-ScsiLun -MultipathPolicy "RoundRobin"

CanonicalN ConsoleDeviceName              LunType    CapacityMB MultipathPolicy
ame
---------- -----------------              -------    ---------- ---------------
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           256000 RoundRobin
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           256000 RoundRobin
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           102400 RoundRobin
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           256000 RoundRobin
naa.60a... /vmfs/devices/disks/naa.60a... disk           153600 RoundRobin