NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

BIG-IP LTM の Persistence について

Persistence とは

同一のユーザーからのリクエストを、同じサーバーに振り分けるセッション維持機能です。

BIG-IP の Persistence
  • BIG-IP では、cookie、dest_addr、hash、source_addr 等に基づき維持します。
  • セッションを維持する(timeout)時間は、デフォルトで180秒です。*1
  • Persistence は Virtual Server ごとに設定可能です。
BIG-IP LTM VE の設定例

Local Traffic ?? Profiles : Persistence から設定します。
f:id:FriendsNow:20130123233216p:plain

例として、デフォルトの source_addr のパラメーターは以下のようになります。
f:id:FriendsNow:20130123233223p:plain

Virtual Server >> Resoures から、適用する Persistence を選択します。
f:id:FriendsNow:20130123233226p:plain

Persistence の確認方法

Overview ?? Statistics : Local Traffic から Persistence を選択します。
f:id:FriendsNow:20130123233234p:plain

現在の Persistence の状態を確認します。
f:id:FriendsNow:20130123233240p:plain

tmsh で、Persistence Record を確認するには、下記コマンドを発行します。

root@bigip01(Active)(tmos)# show ltm persistence persist-records virtual vs_http
Sys::Persistent Connections
source-address  10.0.0.100:0  172.16.0.101:80  0
Total records returned: 1

また、Persistence Record をクリアする際は、下記コマンドを発行します。

(tmos)# delete ltm persistence persist-records virtual vs_http

(tmos)# show ltm persistence persist-records virtual vs_http
Sys::Persistent Connections
Total records returned: 0

*1:timeout した場合は、負荷分散アルゴリズムにより分散されます。