NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

BIG-IP 設定のバックアップとリストアについて

BIG-IP の設定は複数のファイルで構成されているため UCS ファイルを用いて行います。

UCS ファイルのバックアップ

左ペインから[System]-[Archives]を選択し[Create]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130405181657p:plain

File Name を入力し[Finished]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130405181704p:plain

内容を確認し[OK]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130405181713p:plain

File を選択し任意の場所へダウンロードします。
f:id:FriendsNow:20130405181721p:plain

UCS ファイルのリストア

BIG-IP のライセンスはシリアルと紐づきます。UCS にはライセンスファイルが含まれるため、UCS のバックアップを取得した筐体とリストアした筐体が異なる場合、リストアを行ったタイミングで全ての機能が使用不可となり、再度ライセンスアクティベーション作業が必要となります。これを回避するには、CLI から以下の手順でリストアする必要があります。

リストアする UCS を /var/local/ucs ディレクトリにアップロードします。

ライセンスファイルのバックアップを作成します。

# cp -p /config/bigip.license /config/bigip.license.bak

UCS が保存されているディレクトリへ移動します。

# cd /var/local/ucs
# ls
backuptest.ucs

tmsh モードへ移行します。

# tmsh

UCS ファイルをライセンス情報を除外する形でロードします。

(tmos)# load sys ucs backuptest.ucs no-license
Replace all configuration on the system? (y/n) y
Processing UCS file: /var/local/ucs/backuptest.ucs

Installing full UCS (11.1.0) data, excluding license file.
Saving active configuration...
The hostname is set to LB.example.com
Extracting manifest: /var/local/ucs/backuptest.ucs
Product : BIG-IP
Platform: C106
Version : 11.1.0
Hostname: LB.example.com
Installing --full-- configuration on host LB.example.com
Installing configuration...
Post-processing...
The configuration has been restored...
(tmos)# quit

sshd を再起動します。

# keyswap.sh sccp
Stopping sshd: [  OK  ]
Starting sshd: [  OK  ]

再起動します。*1

# reboot

*1:一部の設定はロードで読み込みますが、全ての設定を反映させるために推奨されています。