NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Exchange コマンドメモ

Exchange のトラブルシューティングで、よく使用するコマンドメモ

HUB サーバー

全 HUB サーバーで滞留しているキューの合計情報を出力します。
例)システム名: HUB001-005 で滞留しているキューを出力する場合

[PS] C:\> Get-ExchangeServer hub* | Get-Queue | Where-Object {$_.MessageCount -ne 0}| Measure-Object -Property MessageCount -sum
 
Count    : 9
Average  :
Sum      : 16
Maximum  :
Minimum  :
Property : MessageCount
MBX サーバー

全 MBX サーバーで滞留している DAG データーベースのコピー/リプレイキューの情報を出力します。
例)システム名:MBX001-005 が抱えている DB001-003 のコピー/リプレイキューを出力する場合

[PS] C:\> Get-MailboxDatabaseCopyStatus db* | sort name | ft name,status,copyqueuelength,replayqueuelength -AutoSize

Name          Status CopyQueueLength ReplayQueueLength
----          ------ --------------- -----------------
DB001\MBX001 Mounted               0                 0
DB001\MBX002 Healthy               0                 1
DB001\MBX003 Healthy               0                 1
DB002\MBX002 Mounted               0                 0
DB002\MBX003 Healthy               0                 1
DB002\MBX004 Healthy               0                 1
DB003\MBX003 Mounted               0                 0
DB003\MBX004 Healthy               0                 0
DB003\MBX005 Healthy               1                 0