NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

busy,LUNs 状態の Snapshot について

SnapManager for Exchange (SME) 等のベリファイ処理失敗時に、残存する Snapshot になります。
以下の手順で削除する事が可能です。

snap list コマンドで busy 状態の Snapshot を確認します。

> snap list testvol
Volume testvol
working...

  %/used       %/total  date          name
----------  ----------  ------------  --------
<...snip...>
 56% (12%)   26% ( 3%)  Dec 18 05:01  exchsnap__exchange_02-23-2009_05.00.40 (busy,LUNs)

Snapmirror の送信元/送信先で Clone LUN が存在する事を確認します。

> lun show
<...snip...>
/vol/testvol/{3fd1acat-346c-216d-b6e4-bdf90a52801f}.rws

Snapmirror 送信先で snapmirror break を実行します。

> snapmirror break testvol

Snapmirror 送信先で lun offline/lun destroy を実行します。

> lun offline /vol/testvol/{3fd1acat-346c-216d-b6e4-bdf90a52801f}.rws
> lun destroy /vol/testvol/{3fd1acat-346c-216d-b6e4-bdf90a52801f}.rws

SnapDrive にて、Clone LUN をマウントしている場合は、Disconnect Disk を実行します。

Snapmirror 送信元で不要な Snapshot を削除します。

> snap delete testvol exchsnap__exchange_02-23-2009_05.00.40

Snapmirror resync を実行します。

> snapmirror resync -S [Sorce]:testvol testvol