NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Ontap シミュレーターで Flash Pool を試す

Flash Pool とは

HDD と SSD が混在したアグリゲートを構成し、使用頻度の高いデータを SSD のキャッシュへ集めることで、HDD へのアクセスを低減する機能になります。データを移動させるわけではなく、アクセス頻度の高いデータを ONTAP が自動で判別し、キャッシュされる事から、運用稼動は発生しません。
下記は、ユーザ数の増加に伴うスループットの傾向です。(出典:Tech OnTap

f:id:FriendsNow:20150311205706p:plain
HDD のみで構成した場合、100ユーザの時点で HDD がボトルネックになり、スループットが頭打ちになっています。これに対して、Flash Pool を使用した場合は、ユーザの増加に伴い、スループットが向上しています。

Flash Pool の設定方法

ONTAP シミュレータで SSD Disk を擬似的に作成し、Flash Pool をを設定する際の手順になります。

SSD Disk の作成
  • Unlock the Diag user(7-Mode)
> priv set diag
*> useradmin diaguser unlock
*> useradmin diaguser password
  • Unlock the Diag user(Clustered Mode)
> set diag
*> security login unlock -username diag -vserver cluster1
*> security login password -username diag -vserver cluster1
  • Enter system shell(7-Mode)
*> systemshell
login: diag
Password:
%
  • Enter system shell(Clustered Mode)
*> systemshell -node cluster1-01
login: diag
Password:
%
  • Create SSD Disks(7-Mode/Clustered Mode)
% setenv PATH /sim/bin:$PATH
% cd /sim/dev
% sudo vsim_makedisks -t 35 -a 2 -n 14
% exit
  • Vefify the Disks(7-Mode)
*> disk show -n
*> sysconfig -r
  • Vefify the Disks(Clustered Mode)
*> disk show -container-type unassigned
*> system node run -node cluster1-01 sysconfig -r
  • Assign the Disks(7-Mode)
> disk assign  v6.16
  • Assign the Disks(Clustered Mode)
> disk assign -disk v6.16 -owner cluster1-01
Flash Pool の有効化
  • Enable the Flash Pool(7-Mode)
> aggr options aggr1 hybrid_enabled on
> aggr add aggr1 -T SSD 14
  • Enable the Flash Pool(Clustered Mode)
> storage aggregate modify -aggregate aggr1 -hybrid-enabled true
> aggregate add-disks -aggregate aggr1 -disktype SSD -diskcount 14
  • Use the Flash Pool(7-Mode)
> vol create myvol aggr1 1g
  • Use the Flash Pool(Clustered Mode)
> volume create -vserver svm-01 -aggregate aggr1 -volume myvol -size 1g