NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

47 原則を読んで共感したこと ⑴

47原則を読んで、特に共感し、意識して実践していることを書いてみます。
(記事を書いた後に「いうほどできていなかった」ことに気づいたので、あらためて意識したいと思います。)

すべての問いに30秒以内で答える

最初これを見たとき、情報量が多いほど、短時間で理路整然とわかりやすく伝えるのは難しいので、どうするのか・・と思って読んだところ、「短時間で伝えようとするのは非現実的」と前置きされており、思わずツッコミを入れそうになったのですが、「すべての問いに30秒以内に完璧に答える」のではなく、「以下の3つのポイントを意識して答える」という意味でした。

再クリック理論を理解すること

「再クリック理論」とは、興味を喚起する記事の要約があった場合、 「続きを読む」をクリックする、といった心理状態のことです。
30 秒の回答ですべてを伝えようとするのではなく、相手が興味を持つトピックに、注意を呼び起こすきっかけを与えることが重要とのことです。
私がそうなのですが、技術的な話になると、つい細かい話を長くしてしまうので、注意するようにしています。

主たる質問を分解する習慣を身につける

相手の立場にたって、相手が知りたいことは何かを考えることが大切とのことです。
例えば、「プロジェクトの進捗」を聞かれた場合、漫然と答えるのではなく、「➀プロジェクトの良し悪し」「➁➀を示す2~3の具体例」「➂➁に対してどう向き合っているか」などに分解して、回答するとよいとのことです。
一般的に指針として「利害関係者」「プロセス」「スケジュール」を何らかの形で用いるとよいとされていました。

自分の回答について、ダーツのように考えること

簡単にいうと、いきなり中心を狙うのではく、外側から狙っていくそうです。
質問に対する回答も、いきなり核心をついたものではなく、相手の興味をひくヒントを話に盛り込みながら、核心にせまっていくとよいそうです。
ただ、これは、相手の興味をひく話ができればよいですが、そうでなければただの天然なので、難しいところです。

いずれのポイントも共感しつつ、私の場合は常に「答え」を考えておかないと難しいと思ったので、意識しています。

以上