NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

47 原則を読んで共感したこと ⑵

47 原則を読んで、特に共感し、意識して実践していることその ⑵ です。
他の共感した原則ついては、こちらをご参照ください。

アウトプットをイメージする

全50ページのマニュアル作成を依頼して、未完の内容があがってくるとしたら、次のどちらが望ましいか。

  1. 前半の25ページだけが完成し、後半の25ページが白紙
  2. 最初と最後の5ページは完成しているが、ところどころに全部で25ページ分の白紙がある状態

答えは 2 が望ましく、アウトプットの早期構築は重要とのことです。
これは、かなり意識して実践しています。
アウトプットイメージ(全体像)を草案で作成してすり合わせすることで、多くの無駄や、不要な作業が省けます。
マッキンゼーでは、このアウトプットイメージの資料全体を「ゴーストデッキ」と呼び、最終形の検証をするそうです。

アウトプットイメージが明確だと、聞き手にとってもわかりよいですし、コメントももらいやすいと思います。
マニュアル作成の例だと、手順を一から説明するのではなく、まず、完成形の草案を見せて、どのような手順でそれに近づけていくかを説明する、といったことを意識するようになりました。

自分の目標を熟知していると、より良く、より早く、より果敢に仕事を進めることができます。
出典:47原則

全然関係ありませんが、最近、息子の影響でポケカにはまっていて「エスパーデッキ」を愛用しています。
シャイニースターV BOX 高騰していますね。「ボスの司令」ほしい・・。

以上