NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Python の with ステートメントについて

with ステートメントとは

open 関数のように「開始処理」と「終了処理」がある関数について、終了処理を自動で行ってくれます。
open 関数については、こちらがご参考になれば幸いです。

実行例

コード
with open('test.txt', 'w', encoding='utf-8') as f:
	f.write('新規ファイルに書き込む文章')
出力結果*1
新規ファイルに書き込む文章

解説

基本的な使い方

コードの記述方法は、以下のとおりです。

open(ファイル名, モード, エンコーディング) as 変数名:
open 関数を使った場合
f = open('test.txt', 'w', encoding='utf-8')
f.write('新規ファイルに書き込む文章')
f.close()
with ステートメントを使った場合
with open('test.txt', 'w', encoding='utf-8') as f:
	f.write('新規ファイルに書き込む文章')

f.close()がなくなっています。
write 関数の書き方は同じで、as のあとの変数(例では f)に write をつけて、引数に書きたいテキストを渡します。

参考:dot blog

参考書籍

以上

*1:test.txt ファイルが作成されます。