NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Python の for 文について

for 文とは

「同じ処理を繰り返す」時に利用します。

実行例

コード
message = 'Hello Python'

for ch in message:
    print(ch)
出力結果
H
e
l
l
o
 
P
y
t
h
o
n

解説

基本的な使い方

コードの記述方法は、以下のとおりです。

for ループ変数 in 反復可能オブジェクト:
    ブロック

「反復可能オブジェクト」には、文字列やリスト、関数などを書きます。
「ループ変数」には、繰り返し処理の中で「反復可能オブジェクト」から取り出した要素の値が代入されます。
要素を使って、処理を行う部分を「ブロック」と呼びます。
ブロックは、 for ループ変数 in 反復可能オブジェクト:部分よりも、右側にいくように「インデント」をつけて書きます。
インデントを付けられた部分を for 文の対象として、処理を行います。

f:id:FriendsNow:20210306170307p:plain
出典:@IT atmarkIT

応用的な使い方

for 文で list を使った繰り返し処理

list 変数(list)に格納されたそれぞれの足し算(1+1, 1+2, 1+3)を、for 文で 1 ずつ取り出し、足し算の結果の 5 倍の数字を result に代入して、print 関数で出力する例です。

list = [1+1, 1+2, 1+3]
for x in list:
    result = x * 5
    print(result)

出力結果

10
15
20
for 文でループの回数を指定

事前に回数をしてループ処理を行う場合は、range 関数を利用します。
ループ処理を3回繰り返し、print 関数でテキストを出力する例です。

message = 'Hello Python'
for x in range(3):
    print(message)

出力結果

Hello Python
Hello Python
Hello Python

参考:dot blog

参考書籍

以上