NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Python の len 関数について

len 関数とは

文字列の文字数や、リストのデータ数を取得することができます。

実行例

コード
string = 'NETWORK ENGINEER BLOG'
var = string.split()
print('「{}」の文字数は{}です。'.format(string, len(string)))
print('「{}」を空白で区切った場合の配列の数は{}です。'.format(string, len(var)))
出力結果
「NETWORK ENGINEER BLOG」の文字数は21です。
「NETWORK ENGINEER BLOG」を空白で区切った場合の配列の数は3です。

解説

基本的な使い方

コードの記述方法は、以下のとおりです。

len(引数)

引数には文字列やリストが入り、その数を取得します。

文字列の数を取得

以下の例では、文字列「123456789」の数を取得して、print で出力しています。

string = '123456789'
print('「{}」の文字数は{}です。'.format(string, len(string)))

出力結果

「123456789」の文字数は9です。

応用的な使い方

input 関数で入力した文字が 5 文字以下の場合は Error 終了し、5 文字以上の場合は文字列を出力する例です。

import sys

output = input('文字を入力してください。: ')
if len(output) < 5:
    sys.exit('Error:文字は5文字以上で入力してください。')
else:
    print(output)
    sys.exit(0)

出力結果

# 入力した文字が 5 文字以下の場合
文字を入力してください。: abcd
Error:文字は5文字以上で入力してください。

# 入力した文字が 5 文字以上の場合
文字を入力してください。: abcde
abcde

参考:TECHACADEMY マガジン

参考書籍

以上