NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

NetApp トラブルシューティング用のログ取得例

NetApp のトラブルシューティングに必要な主なログとして、以下の3つがあります。

  • SP ログ
  • savecore ログ
  • ssram ログ

SP ログについては、SP ポート経由で取得し、savecore 及び、ssram については、CIFS 経由で取得する必要があります。CIFS のセットアップ方法ついては、後述します。
なお、クラスタヘッド構成の場合、takeover 中でも head を切替えて、ログを取得する事が可能です。
head の切替は、partner コマンドを使用します。

head2(takeover)> partner
Login to partner shell: head1
Thu Dec 25 12:25:00 JST [head2 (takeover): cf.partner.login:notice]: Login to partner shell: head1

head1/head2>

再度 partner コマンドを実行する事で、元に戻ります。

head1/head2> partner
Logoff from partner shell: head1
head2(takeover)> 
Thu Dec 25 12:25:00 JST [head2 (takeover): cf.partner.logoff:notice]: Logoff from partner shell: head1
SP ログの取得手順

SSH でアクセスします。ユーザー ID は naroot、パスワードは、root パスワードになります。

head1> events all

head1> system log

head1> sp status -d
SP ポートについて

The Service Processor(SP)ポートは、32xx 及び 62xx に実装されるリモート管理デバイスで、遠隔でトラブルシューティングを実行する事が可能です。SP ポートの主な機能は以下のとおりです。

  • 遠隔からのシステムの診断、シャットダウン、再起動等をサポートします。
  • 管理ホストから SSH を使用して、SP へアクセスし、SP CLI を使用できます。

詳細については、こちらをご参照ください。

savecore ログの取得手順

core が出力されていれば、core.xxxxxxxxx.2012-12-25.XX_XX_XX.nz というファイルが存在します。

head1> savecore -l

/etc/crash 配下に出力されます。

ssram ログの取得手順

/vol/vol0/etc/log/ssram ディレクトリ配下全てが対象です。

前述の通り、savecore 及び、ssram については、CIFS でアクセスし、取得する必要があります。
なお、CIFS プロトコルに関してはライセンスが無くても cifs setup と vol0 へのアクセスが可能です。

CIFS セットアップ手順

wafl.nt_admin_priv_map_to_root オプションを on にします。

head1> options wafl.nt_admin_priv_map_to_root on

cifs setup コマンドを実行します。

head1> cifs setup
This process will enable CIFS access to the filer from a Windows(R) system.
Use "?" for help at any prompt and Ctrl-C to exit without committing changes.

        Your filer does not have WINS configured and is visible only to
        clients on the same subnet.
Do you want to make the system visible via WINS? [n]:
        A filer can be configured for multiprotocol access, or as an NTFS-only
        filer. Since multiple protocols are currently licensed on this filer,
        we recommend that you configure this filer as a multiprotocol filer

(1) Multiprotocol filer
(2) NTFS-only filer

Selection (1-2)? [1]: ★1を選択
CIFS requires local /etc/passwd and /etc/group files and default files
        will be created.  The default passwd file contains entries for 'root',
        'pcuser', and 'nobody'.
Enter the password for the root user []: ★ root の既存パスワードを入力
Retype the password: ★root の既存パスワードを入力
        The default name for this CIFS server is 'XXXX'.
Would you like to change this name? [n]: ★そのまま enter
        Data ONTAP CIFS services support four styles of user authentication.
        Choose the one from the list below that best suits your situation.

(1) Active Directory domain authentication (Active Directory domains only)
(2) Windows NT 4 domain authentication (Windows NT or Active Directory domains)
(3) Windows Workgroup authentication using the filer's local user accounts
(4) /etc/passwd and/or NIS/LDAP authentication

Selection (1-4)? [1]: 3 ★3を選択
What is the name of the Workgroup? [WORKGROUP]: ★そのまま enter
        CIFS - Starting SMB protocol...
        It is recommended that you create the local administrator account
        (V3140A\administrator) for this filer.
Do you want to create the XXXXA\administrator account? [y]: ★そのまま enter

Enter the new password for XXXXX\administrator: ★administrator のパスワードを入力
Retype the password: ★administrator のパスワードを入力

Welcome to the WORKGROUP Windows(R) workgroup

CIFS local server is running.

CIFS セッションを確認します。

head1> cifs sessions
CIFS partially enabled
Server Registers as 'XXXX' in workgroup 'WORKGROUP'
Root volume language is not set. Use vol lang.
Using Local Users authentication
====================================================
PC IP(PC Name) (user)           #shares   #files

作成した local administrator ユーザーを確認します。

head1> useradmin user list administrator
Name: administrator
Info: Built-in account for administering the filer
Rid: 500
Groups: Administrators
Full Name:
Allowed Capabilities: login-*,cli-*,api-*,security-* Password min/max age in days: 0/4294967295
Status: enabled
Linux Client による CIFS アクセス

作成した NetApp local administrator で vol0(共有名 C$) に CIFS 接続します。

# mount -t cifs -o user=administrator //192.168.1.100/C$ /mnt
Password:

core ファイルを確認し、必要に応じて取得します。

# cd /mnt/etc/crash

ssram ディレクトリを確認し、必要に応じて全てのファイルを取得します。

# cd /mnt/etc/log/ssram
CIFS の無効化手順

Linux Client 側で下記ファイルを削除します。必ず mount した NetApp /vol/vol0/etc 配下で実施します。

# pwd
/mnt/etc

"passwd" "group" "cifs*" "usermap.cfg" ファイルを削除します。

# rm passwd group cifs* usermap.cfg

アンマウントします。

# cd /
# umount -l /mnt

Netapp 側で CIFS を無効化します。CIFS をシャットダウンします。

head1> cifs terminate
CIFS local server is shutting down...

CIFS local server has shut down...

wafl.nt_admin_priv_map_to_root オプションを off にします。

head1> options wafl.nt_admin_priv_map_to_root off

CIFS を再起動できない事を確認します。

head1> cifs restart
CIFS not configured.  Use "cifs setup" to configure