NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

VMware vCenter の DSN 作成方法

vCenter Server をインストールする際、SQL Server Express が用意されているため、小規模環境であれば DB の構築は必須ではありません。ですが、vCenter Server を再インストールした場合、インベントリやリソースプール、分散スイッチ等の情報が消失します。これらの情報を維持するには、ODBC からシステム DSN を作成し、再インストール時に選択する必要があります。手順は以下のとおりです。

ODBC からシステム DSN タブを選択し[追加]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130116223051p:plain

SQL Native Client を選択し[完了]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130116223103p:plain

Name を任意(例では VCDB)で設定し、Server を指定後[次へ]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130116223109p:plain

認証方法はデフォルトで[次へ]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130116223118p:plain

デフォルトのデーターベースを "Master" から作成した DSN へ変更します。
f:id:FriendsNow:20130116223128p:plain

言語を ”Japanese” に変更し[完了]をクリックします。
f:id:FriendsNow:20130116223140p:plain

システム DSN が作成されている事を確認します。
f:id:FriendsNow:20130116223148p:plain

vCenter をインストールする際、作成した DSN を選択します。
f:id:FriendsNow:20130116223152p:plain

"上書きしないで、既存のデーターベースを保持"を選択し、インストールすれば完了です。
f:id:FriendsNow:20130116223200p:plain