NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Nicira Networks の OpenFlow ソリューション

OpenFlow について

OpenFlow の適用方法と特徴は、以下のとおりです。

  • Hop-by-Hop 方式
    • 全ての物理ノードが、OpenFlow に対応する必要があります。
    • コントローラーがデータプレーンに関与します。
    • 物理トポロジーが、スライスされます。

  • Overlay 方式
    • エッジのみで構成されます。
    • コントローラーは、データプレーンに関与しません。
    • 物理トポロジーは完全に仮想化されます。

Nicira Networks のソリューションは、Overlay 方式を採用しています。
今日のサーバー仮想化環境においては、各仮想マシンの通信を制御するために、ネットワーク装置で VLAN と ACL を使用し、運用・管理の複雑化が課題となっています。OpenFlow を使って、ネットワークを仮想化する事で、これを簡素化し、柔軟性、効率性の高いシステムを構築する事が可能と考えられます。

f:id:FriendsNow:20120313234620p:plain:w450

NVP について

Nicira Networks は実質的に OpenFlow*1 を開発した企業*2で、OpenFlow に対応したソフトウェア製品を開発、提供を開始している先行ベンダーです。(出典: Public Key
これまで、対外的な広報活動をせず、具体的な製品の内容は公開されていませんでしたが、2月にこのステルスモードが解除され、製品戦略が明らかになりました。

Nicira Networks が提供するのは、「ネットワークの仮想化」であり、これを実現するのが、同社のソフトウェア製品群「Nicira Network Virtualization Platform(NVP」です。NVPには、OpenFlowコントローラとなる NVP Controller Cluster と、ハイパーバイザ上で動作する仮想スイッチソフトウェア Open vSwitch が含まれます。

NVP Controller Cluster

NVP Controller Cluster は仮想化されたネットワーク要素を一元的に管理するシステムです。RESTful Web サービス API を提供し、仮想ネットワークの定義を行います。データ転送には関与しません。

NVP の配置

NVP は物理ハードウェアに依存せず、また、既存のネットワーク構成に影響を与える事なく、配置する事が可能です。プログラマブルに作成された仮想ネットワークは、それぞれ独立したアドレス空間、統計情報、QoS、セキュリティ構成等のネットワークサービスを提供します。

Open vSwitch

OpenvSwitch(OVS)は仮想化されたネットワークのエッジに以下の2とおりの方法で配置できます。

  • 既存の Xen、KVM、ESXi などのハイパーバイザー上で動作するソフトウェアソリューション
  • 物理サーバーや、インターネット接続を提供するために動作するアプライアンス型ソリューション*3

f:id:FriendsNow:20120313234833j:plain:w450

(参考)
http://cn.teldevice.co.jp/product/nicira/nicira_nvp/index.html
http://www.publickey1.jp/blog/12/openflownicira_networks.html

*1:最近注目されている新しいネットワーク技術の標準

*2:OpenFlowプロトコルを開発した Martin Casado 氏などが創立者であることから

*3:NVP ゲートウェイ