NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Ericom Connect URL 自動判別について

URL 自動判別オプションについて

Ericom 製品では、インターネット向けの仮想ブラウザーイントラネット向けのブラウザーの 2 つの (ダブル) ブラウザーが必要ですが、当該オプションを使うことによって、イントラ・インターネットの自動判別とブラウザーアクセスを実現できます。詳細についてはこちらを参照ください。

URL 自動判別オプション要件

  1. Microsoft .NET Framework 3.5、または Microsoft .NET 4.* Framework のインストール
  2. Ericom AccessPad Client のインストール
  3. Internet Explorer/Chrome/Firefox の最新版のインストール
  4. クライアント端末が Active Directory に所属

URL 自動判別オプションのユースケース

Ericom Connect 側の設定

  • 対象のアプリケーション(本例では仮想ブラウザの chrome)の「基本」で「パラメータ」に「${param1}」を入力します。*1

f:id:FriendsNow:20170823214042p:plain

  • 「エンドユーザからアイコンを隠す」を「はい」に変更します。*2

f:id:FriendsNow:20170823214051p:plain

  • 次に「要件」を設定変更します。

f:id:FriendsNow:20170814155818p:plain

  • 「許可される起動方法」を「標準」から「すべて」に変更します。

f:id:FriendsNow:20170814155826p:plain

  • 上記設定をしない場合、クライアントで仮想ブラウザの起動に失敗し以下のエラーが出力されます。
接続に失敗しました
操作に失敗しました(コード 6).このリソースは制限のために起動することが出来ません。
システム管理者に問い合わせてください。

f:id:FriendsNow:20170814155835p:plain

URL 自動判別オプションのインストール

  • インストール方法は以下の2つがあります。
    • MSI によるインストール
    • 連携キット(ClickOnce 版)による配布

※本例では MSI によるインストールを紹介します。

  • Setup.x86.msi を実行します。

f:id:FriendsNow:20170814155116p:plain

  • 「次へ」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170814155128p:plain

  • インストールする方法を選択します。

f:id:FriendsNow:20170814155143p:plain

  1. URL を判別して起動方法を変更するための拡張をインストールします。*3
    1. IE Add-on: Internet Explorer にアドインをインストールします。
    2. Chrome extensions: Chrome に拡張をインストールします。
    3. Firefox extension: Firefox に拡張をインストールします。
  2. Config Editor: KOTOMINE の設定とイントラネット URL の一覧を編集するツールです。*4
  • 設定をカスタマイズします

f:id:FriendsNow:20170814155335p:plain

  1. イントラネット URL の一覧のファイルパス: URL が記載されたファイルのパスです。
  2. イントラネットブラウザー: イントラネットの URL を開くためのブラウザーです。*5
  3. AccessPad のパラメーター: AccessPad を起動する URI やアプリ名、グループです。
  • 「インストール」ボタンをクリックします。

f:id:FriendsNow:20170814155349p:plain

  • Windows 8 以上の場合、「プログラムの関連付けを設定する」画面が表示されます。「すべて選択」 のチェックボックスをチェックし、保存ボタンをクリックします。

f:id:FriendsNow:20170814155411p:plain

  • 「完了」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170814155423p:plain

(2017.8.23 追記)上記「プログラムの関連付け」において、既定のブラウザに KOTOMINE の「BrowserLauncher」を指定する必要があります。「BrowserLauncher」が指定されていない場合、PDF 等のリンクをクリックした際に、仮想ブラウザが正常に起動しない場合があります。

  • Config Editor を起動し「既定のブラウザーとして設定」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170814205754p:plain

  • 「すべて選択」をチェックし、「保存」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170814205807p:plain

~ここまで~

インストール後 (Chrome 拡張がインストールされた場合)

  • Chrome の予測サービスをオフにします。*6

f:id:FriendsNow:20170814155510p:plain

イントラネット URL リストの編集*7

  • インストール先フォルダーに格納された InternalUrls ファイルをメモ帳などで編集します。

f:id:FriendsNow:20170814155612p:plain

f:id:FriendsNow:20170814155624p:plain

接続確認

  • 上記 URL へアクセスすると、ローカルブラウザでアクセスします。

f:id:FriendsNow:20170814155901p:plain

  • URL リストに記載されていない URL(本例では google.com)へアクセスすると、AccessPad を起動し、仮想ブラウザで接続します。

f:id:FriendsNow:20170814155915p:plain

*1:本設定をしない場合、ローカルブラウザで入力した URL のリダイレクトに失敗します。

*2:上記パラメータの設定を行った場合、アイコン経由の起動が失敗するためです。アイコンも必要な場合は、別途同じアプリケーションを公開する必要があります。

*3:各ブラウザがクライアントにインストールされている場合、表示されます。

*4:デフォルトではインストールされません。

*5:対応ブラウザーがインストールされた場合、選択可能となります。

*6:予測サービスにより AccessPad がその時点で起動することを防ぐためです。

*7:Config Editor がインストールされてない場合