NETWORK ENGINEER BLOG

Tips and Reviews for Engineers

Windows Server 2016 Hyper-V インストール

Windows Server 2016 上で Hyper-V をインストールする際の手順例です。

Hyper-V の要件

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下を実行することで要件を満たしているか確認できます。

systeminfo.exe

Hyper-V の有効化

PowerShell を利用して、Windows Server 2016 で Hyper-V の役割を有効にします。

Install-WindowsFeature -Name Hyper-V -IncludeManagementTools -Restart

次のコマンドで Hyper-V の役割がインストールされていることを確認できます。

Get-WindowsFeature -ComputerName <computer_name>  

仮想スイッチの作成

作成する仮想スイッチのタイプを決定します。

接続タイプ 説明
外部 仮想マシンに物理 NW へのアクセスを許可し外部 NW 上のサーバーと通信可能にします。*1
内部 同じ Hyper-V 上の仮想マシン間及び、仮想マシンとホスト OS 間の通信を可能にします。
プライベート 同じ Hyper-V 上の仮想マシン間の通信のみを許可します*2

[外部]を選択した場合は、使用する NIC と次の表に記載されているその他のオプションを選択します。

接続タイプ 説明
管理OSにこの NIC の共有を許可する ホストが仮想スイッチ用に構成した設定を使用できます。*3
SR-IOV を有効にする 仮想マシンでシングルルート IO 仮想化(SR-IOV)を有効化します。*4

次のコマンドで既存の NIC を確認し、仮想スイッチに使用する NIC 名をメモします。

Get-NetAdapter

出力例は以下のとおりです。本例では Ethernet0 を使用します。

PS C:\Users\Administrator.MY> Get-NetAdapter
Name                      InterfaceDescription                    ifIndex Status       MacAddress             LinkSpeed
----                      --------------------                    ------- ------       ----------             ---------
Ethernet1                 Intel(R) 82574L Gigabit Network Conn...       4 Up           00-50-56-86-5B-AB         1 Gbps
Ethernet0                 vmxnet3 Ethernet Adapter                      3 Up           00-50-56-86-4F-2B        10 Gbps

"ExternalSwitch"という名前の外部スイッチを作成し、管理OSにこの NIC の共有を許可する場合、以下のコマンドを実行します。

New-VMSwitch -name ExternalSwitch  -NetAdapterName Ethernet0 -AllowManagementOS $true  

"InternalSwitch"という名前の内部スイッチを作成する際は以下のコマンド実行します。

New-VMSwitch -name InternalSwitch -SwitchType Internal


"PrivateSwitch"という名前のプライベートスイッチを作成する際は以下のコマンド実行します。

New-VMSwitch -name PrivateSwitch -SwitchType Private

仮想マシンの作成

仮想マシンで使用する仮想スイッチの名前を取得します。

Get-VMSwitch  * | Format-Table Name  

新規に仮想マシンを作成する際は以下のコマンドを使用します。

New-VM -Name <Name> -MemoryStartupBytes <Memory> -BootDevice <BootDevice> -VHDPath <VHDPath> -Path <Path> -Generation <Generation> -Switch <SwitchName>  

以下の例では、4GBのメモリを搭載したWin2016VMという名前の第2世代の仮想マシンを作成します。
Win2016.vhdx という名前の新規のハードディスクをサイズ20GBで作成し、ExternalSwitchという名前の仮想スイッチに接続します。仮想マシン構成ファイルは、VMData フォルダに格納されます。

New-VM -Name Win2016VM -MemoryStartupBytes 4GB -BootDevice VHD -NewVHDPath .\VMs\Win2016.vhdx -Path .\VMData -NewVHDSizeBytes 20GB -Generation 2 -Switch ExternalSwitch

以下の例は新規に Windows10 の仮想マシンを作成するスクリプト例です。

作成した仮想マシンを起動するには以下のコマンドを実行します。

Start-VM -Name TESTVM

仮想マシンに接続するには以下のコマンドを実行します。

VMConnect.exe

以上

*1:同じ Hyper-V サーバー上の仮想マシン間も相互に通信可能です。

*2:隔離されたテストドメインのような環境を構築する際に便利です。

*3:QoS 設定、セキュリティ設定、または Hyper-V 仮想スイッチのその他の機能など 等

*4:SR-IOV は仮想マシンが(オーバヘッドとなる)ハイパーバイザー層を介さずに直接 I/O する機能です

*5:ネットワークアダプタまたは、仮想ハードディスク

Smooth File のファイル交換ソリューションについて

Smooth File とは

プロット社が開発・提供する「ファイル交換ソリューション」です。「ファイル無害化機能*1」により、分離されたネットワーク間での安全なファイル交換を実現します。詳細についてはこちらを参照ください。

ダブルブラウザとの連携について

前回記事「インターネット分離時のファイル共有について」ではファイルサーバーを利用して、ユーザ間でファイル共有を行う例をご紹介しましたが、本記事では分離されたネットワーク間で、Smooth File を使用して、同一ユーザーがファイルを交換する例について紹介します。

Smooth File の展開

Smooth File は物理アプライアンス版と、VMwareHyper-V 上で動作する仮想アプライアンス版が提供されております。本例では仮想アプライアンスVMware 版)を使用します。ova 形式で提供されており、インストール方法について割愛します。

  • インストール完了後、"https://(IP アドレス)/smoothfile/top/login/1_admin" にアクセスします。こちらが管理画面となり、基本的な設定はこちらで行います。

f:id:FriendsNow:20170902233441p:plain

f:id:FriendsNow:20170902233457p:plain

ネットワーク分離

Smooth File のネットワーク分離エディションでは、「管理グループ」と「インターネットセグメント*2」及び、「情報セグメント*3」の3つがデフォルトで定義されおり、追加・削除はできません。本例では、「インターネットセグメント」は、RDS サーバからのみ接続可能とし、クライント端末は「情報セグメント」への接続のみ可能とします。なお、2つあるネットワークアダプタのうち「eth0」を「インターネットセグメント兼管理用」とし、「eth1」を「情報セグメント」とします。

検証環境

f:id:FriendsNow:20170902233629p:plain:w600

Smooth File の設定例

ネットワークアドレス設定

  • 「オプション」タブで「eth0」のネットワークアドレスを設定します。上述のとおり「eth1」は、コンソールのみで設定変更可能です。

f:id:FriendsNow:20170902235053p:plain

セグメント管理設定

  • 「セグメント管理」タブで、各セグメントの設定を行います。

f:id:FriendsNow:20170903011142p:plain

  • 「情報セグメント」にチェックをして、「セグメント情報編集」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170903011331p:plain

  • 「背景カラー」をオレンジを指定します。

f:id:FriendsNow:20170903011753p:plain

  • 他の設定はデフォルトとします。画面下にある「登録」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170903011847p:plain

  • 次に「インターネットセグメント」にチェックをして、「セグメント情報編集」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170903012102p:plain

  • 「ログイン許可 IP」に RDS サーバ(100.64.100.111)を指定し「無変換時のみ上長承認」を「no」に指定します。

f:id:FriendsNow:20170906124909p:plain

  • セグメントに所属する職員を明示的に設定する場合は「所属職員管理」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170903012844p:plain

  • 「職員管理」タブへ遷移し、こちらで設定していきます。※本例では後述の AD 連携にて職員情報を取得するため設定しません。

f:id:FriendsNow:20170903013121p:plain

職員管理設定(AD 連携設定)

  • AD 連携を行う前に AD に利用ユーザを定義する必要があります。本例では User01,02 の承認者に Manager01、User03,04 の承認者に Manager02 を定義することを前提とします。

f:id:FriendsNow:20170903014259p:plain

  • 「オプション」タブから「ActiveDirectory 連携設定」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170903013549p:plain

  • 「情報セグメント」を選択し「連携先情報編集」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170903013729p:plain

  • AD の情報を設定します。

f:id:FriendsNow:20170906125114p:plain

  • 「権限グループ」で「受信者(情報セグメント」を選択し、AD に接続可能なアカウントを設定後「登録」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906125243p:plain

  • 「情報セグメント」を選択し「接続テスト」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906125534p:plain

  • AD 上のアカウントを入力後「接続テスト」をクリックし「サーバの接続」と「職員情報の取得」に「成功」と表示されれば OK です。

f:id:FriendsNow:20170906125556p:plain

  • 「情報セグメント」を選択し「LDAP 同期」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906125611p:plain

  • 「職員管理」タブをクリックし、AD 上のユーザ情報が登録され、所属セグメントが「情報セグメント」となっていることを確認します。

f:id:FriendsNow:20170906125644p:plain

  • 「インターネットセグメント」についても同様に設定し、設定後「LDAP 同期」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906125819p:plain

  • 「職員管理」タブをクリックし、ユーザの所属セグメントが「インターネットセグメント」が追加されたことを確認します。

f:id:FriendsNow:20170906125908p:plain

  • 「セグメント管理」の「所属人数」もそれぞれ反映されていることを確認します。

f:id:FriendsNow:20170906125921p:plain

職員管理設定(承認者登録設定)

インターネットセグメント(ファイル送信側)で、ユーザ単位で承認者を設定します。

  • 「職員管理」タブをクリックし、対象のユーザ(本例では user01)を選択後、「職員編集」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906130813p:plain

  • 「承認者一覧」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906130909p:plain

  • 承認者(本例では Manager01)を選択し「確定」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906130958p:plain

  • 「承認者一覧」に「承認者」が登録されたことを確認し「登録」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906131047p:plain

  • 「職員管理」タブで対象ユーザの「承認者登録」が「済」となっていることを確認します。

f:id:FriendsNow:20170906131234p:plain

-(注)なお承認者設定は、一括して設定ができずユーザ単位で設定する必要があります。
f:id:FriendsNow:20170906130401p:plain

ファイル送受信手順

ファイルのアップロード

  • 仮想ブラウザを起動し、以下の URL からインターネットセグメントへアクセスします。
http://100.64.100.21/smoothfile/top/login_ldap?lid=2
  • user01 でログインします。

f:id:FriendsNow:20170906132125p:plain

  • 「ファイル転送 送信」タブで「送信」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906132228p:plain

  • 「ファイルを選択」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906132422p:plain

  • 対象のファイルを選択して「開く」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906132433p:plain

  • 「登録」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906132406p:plain

  • 「ファイル転送 送信」タブでファイルが存在することを確認します。

f:id:FriendsNow:20170906132544p:plain

  • ファイルを選択し「詳細」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906132637p:plain

  • ファイルの詳細を確認できます。

f:id:FriendsNow:20170906132708p:plain

ファイルのダウンロード

  • ローカルブラウザを起動し、以下の URL から情報セグメントへアクセスします。
http://100.64.100.22/smoothfile/top/login_ldap?lid=1
  • user01 でログインします。

f:id:FriendsNow:20170906133006p:plain

  • 「ファイル転送 受信」タブで受信可能なファイルを確認します。承認されていないため、先ほど送信したファイルは存在しません。

f:id:FriendsNow:20170906133139p:plain

ファイルの転送承認

  • 仮想ブラウザを起動し、以下の URL からインターネットセグメントへアクセスします。
http://100.64.100.21/smoothfile/top/login_ldap?lid=2
  • manager01 でログインします。

f:id:FriendsNow:20170906133440p:plain

  • 「承認一覧」タブでファイルを選択し「承認」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906133539p:plain

ファイルのダウンロード

  • 前述の手順で「情報セグメント」へアクセスし、「ファイル転送 受信」タブで受信可能なファイルを選択後、「詳細」をクリックします。

f:id:FriendsNow:20170906133945p:plain

  • 選択したファイルがダウンロード可能となります。

f:id:FriendsNow:20170906134022p:plain

*1:Microsoft Office や PDF ファイルから、マクロ領域やメタ領域を除去する機能

*2:インターネットに接続するネットワーク

*3:インターネットに接続しないイントラネットワーク